このホームページを辿り着いたあなたはきっと
『ワンルームマンションを購入したが、どうもうまくいかない・・?』
『不動産屋から最初に受けた説明とどうも話が違う・・・・・?』

『ひょっとしたら、このワンルームマンション投資は失敗じゃないか?』
そんな不安や心配を抱え込んでいるかもしれません。

しかし、誠に申し訳ありませんが
これから厳しい現実をあなたにお伝えなくてはいけないことをどうかご容赦していただけますか?

なぜあなたはワンルームマンション投資を始めたのか?

『以前からワンルームマンションを買いたくて、あちらこちらの不動産屋を廻って一生懸命探して、やっと今のワンルームマンションを買ったんです!』
そんな方を私は見たことがありません。

たいていは
・ワンルームマンション販売会社からしつこい電話営業があって、
 なんとなくその気になって買ってしまった?
・気楽な気持ちで参加したワンルームマンション投資セミナーを受けて、
 その気になってしまって買ってしまった?

そんな方ばかりでした。

ワンルームマンション購入を決断した殺し文句は
「将来の年金対策になります!」
「都心の好立地なので資産会は減りません!」
「一括借り上げサブリースですから空室リスクはありません!」

ではありませんでしたか?

いくらそのような甘い殺し文句を言われても、現実はかなり違っているんですけどね・・・

将来の年金対策どころか金食い虫になってしまうワンルームマンション

「今のままじゃ年金も破綻は必至です!
 だからそのためにもワンルームマンションを購入して年金対策をしておきましょう!」

という甘い不動産屋のアドバイスに将来の年金に不安のあるあなたはきっとうなづいてしまったのかもしれません。確かに若い世代の方においては年金はどんどん減らされる可能性は極めて高いかもしれません。
でも、だから「ワンルームマンション投資をしましょう!」ということにはならないのです。

なぜなら、ワンルームマンション経営は儲からない仕組みなのです。
※詳しくは後述の「ワンルームマンション投資に明るい未来は無い!」でお話ししています。

年金対策どころか毎月毎月持ち出しの発生してしまう金食い虫になってしまうのがワンルームマンションなのです。

「都心の好立地ですから資産価値は減りません!」
というけれど現実の売却相場は?

とにもかくにも売却が難しいのが中古ワンルームマンションなのです。
買った値段はともかく、ローン残債以上の価格での売却なんてできません。
今現在の相場状況をこちらで確認してみて下さい。

大阪中古ワンルームマンション売却相場研究会

きっと厳しい現実を知ってしまったあなたは卒倒してしまうかもしれません。

「どうして中古ワンルームマンションの売却が難しいのか?」は後でお話ししますね。

一括借り上げ家賃保証のサブリース契約ですから空室リスクも無く安心です!
は本当か?

ワンルームマンション購入をためらう方に最終的に心配なのが空室リスクです。
空き室になれば家賃が入って来ないのですからそれは心配・不安になるのですが
そのワンルームマンションを分譲販売する不動産屋はきっとこういうと思います。

『うちの会社で一括借り上げして家賃保証をしますから安心です!
 サブリース契約で空室リスクも無く安心ですよ!』

そのまま、その言葉を鵜呑みにされる方がどれだけ多いことか・・・?
でも、そのサブリース契約書には驚くべきことが小さな小さな文字で書かれていることに気づかなかったあなたにも落ち度があります。
※詳しくは後述の「ワンルームマンション投資に明るい未来は無い!」でお話しします。

はじめまして、ワンルームマンション投資業界の嫌われ者の江本と申します。

長年、不動産投資コンサルタントとして活動してきておりますが特にここ最近『ワンルームマンション投資をしたのだがうまくいかなくて・・・』というご相談がめちゃくちゃ多く舞い込んできています。
事実私も数年前からワンルームマンション投資には警鐘を鳴らしてきました。

数年前にちょこっとだけアップしたYouTubeの動画なのですが、その再生回数をみて驚いています。

なんと再生回数は1万回を超えています・・・(汗)
巷の有名なYouTuberでもない私の拙い動画が再生回数1万回超え・・・?に驚きます。 それだけワンルームマンション投資がうまくいっていない方も多いのでしょうね。ちなみに続編は業界からのクレームで削除しました。
※私もワンルームマンション開発業者とも何度も取引がありますので、やむおえず・・・・

まあ、改めてこの機会にお話ししていきたいと思いますので、少しお付き合いくださいね。

ワンルームマンション投資に明るい未来は無い!

すでに購入してしまったあなたにこんなお話をするのはとても心苦しいのですが、ぜひ知っておいて欲しいことをお話ししていきます。
どれもこれもいたって当たり前のことばかりなのですが、
「ワンルームマンション投資ってこんなに儲かるらしいぞ!」と不純?な気持ちで購入したあなたにはとても目に入らなかったことだと思いますが、今のあなたにならきっと腑に落ちるかと思います。

ワンルームマンションを借りる人はどんな人?

ワンルームマンションを借りる人ってやっぱり学生や若者ですよね?
あなたもご存知の通り現代は少子化が大きな社会問題になっているくらい若者の数が減ってきています。
多くのワンルームマンションの借り手である学生さんですが、その大学も潰れたり多額の費用をかけてテレビコマーシャルをする時代なのです。

まして、今の学生・若者は貧乏です。

学生さんにとっても親にとっても一人住まいは経済的にきついものがあります。
だから大学を選択する時でも、おのずから実家から通えるところを優先します。
仕送りをたくさん送ることができる親
バイトで学費を賄う学生
なんて今はもう少数派です。

そして、せっかく大学を卒業してもこの就職氷河期ではよい会社にはなかなか入社できません。
結局、生活の不安定なフリーターみたいな若者ってどんどん増えています。

そんな貧乏な学生・若者にいくらきれいでおしゃればワンルームマンションでも高い家賃をは払ってまで暮らそうとする方はどんどん少なくなってきているのです。

ワンルームマンションは入居者の入れ替わりが早い

同じワンルームマンションに十年以上住み続ける方って少ないです。
多くは2年~3年程度(下手をすれば半年?)ではないでしょうか?
就職・結婚・田舎に帰る、などで退去となります。

入居者が入れ替わったら、またきれいにリフォームし直さなければいけません。

たとえ半年程度の入居期間だったとしても、壁紙クロスなどは綺麗に張り直さないといけません。
おおよそワンルームマンションのリフォーム費用は20万円は覚悟しなければいけません。
また数年(5年間隔)に一度はクーラーや冷蔵庫・キッチンなども新品に取り替えなくてはいけないでしょう。
そのリフォーム費用を回収するのに何カ月かかるのでしょうか?
軽いリフォーム費用の20万円を実質家賃(管理費など経費を差し引いた家賃)を4万円とすると少なくとも5カ月を要します。
さらに入居後すぐに次の入居者が決まるわけでもありませんから、その空室期間が長引けばどうなるでしょう。
さらにさらにこのお部屋探しのお客さんが激減している現在では入居者を紹介してくれる賃貸不動産屋に支払う手数料も最低2カ月分から3か月分程度は覚悟しなければいけません。

もっときついのが、入居者が入れ替わった時にはその時の家賃相場で募集をしなければならないということです!

えっ?「それ どういうこと?」とお感じですか?
そ、そ、それは・・・

ワンルームマンションに限らず、賃貸マンション・賃貸アパートは
建物が古くなると家賃は下がるという至極当然のことなんですが

新築分譲時にはピッカピカの最新設備ですから、少々高めの家賃設定でも入居者は決まるものです。
でも、それもほんの最初の数年間で化けの皮が剥がれます。

新築分譲時の時の最初の募集家賃が一番最高値の家賃である!
ということを理解していましたか?

その最初の一番最高の家賃であなたの資金計画はシュミレーションしているはずですからうまくいくはずがありません。
最高の家賃でシュミレーションでもギリギリの資金計画のはずですから、おのずから家賃が下がれば資金の持ち出しが発生します。
これからどんどん古くなり、不景気になり、若者の数が減ってきている現代ではあまり楽観的にはなれないと思います。
毎月毎月持ち出しが発生してくるいわゆる金食い虫にだんだんなっていくかもしれません。

そんなワンルームマンションを購入したことを後悔や不安のあるあなたに誠にお話しにくいのですが・・・・

実はワンルームマンションは
絶対に儲からない仕組みになっているのです

まあ、少子化・不景気以外の理由以外にも「ワンルームマンション投資は儲からない?!」仕組みになっているのです。
それは・・・?

ページの先頭へ