あなたがわが子のように愛着のあるご自分の物件の良さを、
果たして120% 賃貸不動産屋の営業マンが理解しているでしょうか?

物件を勧める賃貸不動産屋の営業マン

「この物件が一番いいですよぉ!超おすすめです!」
「これがお客さんには一押しの物件ですよ!」

なんて、あなたの物件がお部屋探しのお客さんに、いの一番に勧められているなんて信じてはいけません!
なぜなら、あなたの物件の空室なんて営業マンはこれぽっちも覚えてはいないのが現実です。
今の世の中には賃貸アパート・賃貸マンションの空室が山のように溢れかえっているのに、他の物件と家賃も変わらない?条件もほぼ同じ?のあなたのアパート・マンションの空室をなぜ賃貸不動産屋の営業マンが最優先で一押しの営業セールスしなければいけないのでしょうか?

この不景気ですから、確かにお部屋探しのお客様は激減しています。

そして、お客さんをたくさん持っている敏腕賃貸営業マンほど多くの大家さんから
「うちの物件を最優先で部屋探しのお客さんに紹介してくれ!」なんてアプローチされています!

そんな嫁ひとりに婿10人の状態で、お部屋探しのお客さんが来店した時に、賃貸営業マンの頭の引き出しから あなたに物件の空室情報を真っ先に思い出させて、賃貸不動産屋に来店したお部屋探しのお客さんに真っ先に紹介してもらうにはどうすればよいのでしょうか?

空室で悩む不動産投資家空室で悩む不動産投資家 アパートの空室が減らない大家さんアパートの空室が減らない大家さん

『あぁ・・結局 不動産屋に支払う手数料を増額するんでしょ!」
『敷金も礼金も家賃も、もっと下げればいいんでしょ!』

多くの賃貸マンション・賃貸アパートの空室で悩む大家さんや不動産投資家はそう考えると思います。
確かに最終的にそこまでしなければいけない可能性もありますが、その前に行わなければいけない対策もあります。

もしもあ、あなたが賃貸不動産業界について未だにこんな幻想をお持ちでしたら、
今すぐその誤解を改めてください

今の賃貸不動産業界は昔とはぜんぜん違っているのです。

あなたの賃貸不動産業界の誤解その1|賃貸不動産業者はあなたの空室情報を必要とはしていません!

多くの賃貸営業マンは、あなたの物件のことを知りませんし、知りたくもありません!
なぜだかわかりますか?
※こんな場合は例外ですが・・・  あなたの物件が他の物件よりも
 圧倒的に家賃が安い!
 圧倒的に便利な場所にある!(例:最寄駅徒歩1分)
 圧倒的に不動産屋に支払う広告手数料が多い!
 圧倒的に広くて綺麗!

別にあなたの物件の空室情報が無くても不動産屋は痛くも痒くもありません!

あなたの賃貸不動産業界の誤解その2|賃貸不動産業者は大家のあなたのため商売をしているわけではありません!

不動産業者は大家のあなたのため商売をしているわけではありません!
もちろんお部屋探しのお客様のためでもありません。
誰のためとはおわかりになりますよね?

あなたの賃貸不動産業界の誤解その3|賃貸不動産営業マンは、それほど多くの物件のことを知りません!

賃貸営業マンは、それほど多くの物件のことを知らなくてもそれなりの営業成績をあげることができます!
だから賃貸営業マンを賃貸のプロだなんて錯覚しないでくださいね。
なぜだかおわかりになりますか?

あなたの賃貸不動産業界の誤解その4|賃貸営業マンは、たとえ仕事だといっても物件の下見は行きません!

賃貸営業マンは、わざわざ知らない物件の下見に行くなんて嫌がります!
なぜだかおわかりになりますか?

あなたが賃貸不動産業界における幻想や誤解はまだまだたくさんありますが、これくらいにしておきましょうか?

だから大家さん自身で行う空室対策で
【マーケティング】と【プロモーション】が必要なんですね。

おそらく、今あなたは・・・
「マーケティング」って何?
「プロモーション」って何よ?
と思っていますよね?

では少しでお話をきいてもらえませんか?
きっと、なにかの参考になりますから!

これから 不動産投資を始めようか?という方にもすごく参考になるのでは?とも考えています!

なぜ、参考になるのか?
それは、私は不動産屋でありながら・・・・

不動産屋は信用できません

嘘ばっかりつく!
自分勝手!
態度が横柄!
金儲けばかりいつも考えている!
そんな人達ばかりだからです!
不動産屋である私自身も、痛い目にあったことは一度や二度ではありません。

そして少し想像してみてください

あなたは今から5年後10年後に
今と同じような大家さん。・不動産投資家として賃貸アパート経営ができているでしょうか?
少子高齢化・日本の人口減少・外国人との世界グローバル化
この厳しい状況は今後ますます厳しくなるでしょう。
それなのに、今のままなにも変わらず賃貸管理会社・賃貸不動産屋に任せきりの入居者募集方法が通用し続けるでしょうか?いまの空室が多いのは「賃貸管理会社がサボっているから?」「賃貸不動産屋が悪い!」
と嘆いていてもなにも変わりません。

あなたがよっぽどお人好しの大家でない限り、ご存知だと思いますが、 不動産屋は大家であるあなたのために仕事なんかしていませんよ!
だから、不動産屋を自由自在に操る方法を身につけなければいけません!

空室で悩む不動産投資家・家主・大家さんのための無料動画セミナー

大家業も他業種のビジネスとなんら変わりなくごく普通の当たり前の商売であって、なにも特別なビジネスではないんです。
だから他のビジネスと同じようにマーケティング(戦略)とプロモーション(戦術)も必要なんです。
どうして大家業だけが、「向こうから勝手にお客がわんさかやって来る!?」なんていう幻想がまだあるのでしょうか?

長年 ぬるま湯にどっぷり浸かってしまってきた大家さんであるあなたには耳の痛いお話かもわかりませんが、少しだけお付き合い下さい!

【マーケティングの基本中の基本】
お客は読まない!聞かない!
お客は信じない!
お客はいますぐ行動しない!

たったこれだけでもわかって賃貸アパート経営・不動産投資を始めれば・・・・?
きっと今までよりもたくさんの案内や問い合わせが増えるんですけどねぇ・・・・


賃貸業者があなたの空室を最優先で案内したくなる仕組みを作る方法
お名前  *
 ニックネーム可
メールアドレス  *
 ※必須

セミナー終了後には、私からの特選収益物件情報や日々の気づきも配信していきます。
きっとこれから大家を目指す【大家予備軍】の皆さまにもご参考になると思いますよ。

大家さん・不動産投資家に空室対策としてマーケティング?プロモーション?そんなの必要あるんですか?という方へ

はじめまして。
空室対策コンサルタントの江本圭伸と申します。

いきなり、 「マーケティング?」「プロモーション?」と聞いて
きっとあなたは・・・

空室対策とはマーケティングとプロモーションである

と感じていると思います。
このマーケティングという物をわかりやすく説明している良い動画があるので少し観てください!

いかがですか?
ひょっとして空室で悩む大家さんのあなたはただ不動産屋にお願いしているだけではありませんでしたか?
やり方をほんの少し・・・
伝え方をほんの少し・・・・
工夫するだけで、大きな変化が起こりうることを実感していただけましたでしょうか?

そして、この考え方や手法がどれだけ重要で大事なものか?

少し、私の体験談を聞いていただけますか?

私はこの【考え方】のおかげでなんとか倒産せずにすみました。 いやマジで・・・

私は、平成7年に不動産屋を独立起業いたしました。

自分で起業するわけですから、それなりに自信はありました。

しかし、ものの数ヶ月でこの【自信】が【過信】であることに気づくのにはかかりませんでした。

それは・・・・ お客さんが来ない!のです。

自分のお店ですし、私はまがりなりにも不動産屋ですから、それは必死に探しました。
小予算でしたので広いお店は無理でしたが、
人通りの多い
駅前の好立地
もちろん1階路面店舗
現在のお店の立地条件は問題ありません。


※このビルも大家さんにお願いして譲っていただきました。 小さな、小さな、小さなビルですが、自社ビルです。(笑)

芸能人は歯が命!不動産屋は場所が命!
好立地であればお客さんは勝手に来てくれるものだと思っていました。

登場人物A

「うちの物件は綺麗だから・・・?」
「不動産屋にもキチンと空室があることを伝えてあるから・・・?」
「ただそれだけで部屋探しのお客さんがやってくるはず?」
なぁ~んで考えていませんか?
だって、実は私もそう考えていたんですねぇ(汗)

それなのに
あぁ・・・・それなのに
お客さんが来ないのです!

このままでは、経営破綻、夜逃げ、
この時期は一気に白髪が増えてしまいました。

わずかな蓄えも底をつきそうになり、
「こんなにしんどいのならサラリーマンの方がよかった!」
「こんなことなら独立なんかしなければよかった!」
何度、こんなことが頭をよぎったでしょうか。

しかし、こんな事でへこたれてはいられません。
「よし!お客が来ないなら、人の2倍、3倍働こう!
 お客が来ないなら、チラシを2倍、3倍にして広告しよう!」

そう決心し、 中古で買った印刷機をフル回転させ、
チラシを作っては、作ってはポスティングしました。

冬の寒い日、凍える指に息を吹きかけながら郵便ポストにチラシを投函するのです。

管理人さんに見つかると怒られるので、いつもチラシを撒くのは管理人不在の時を狙って、夜からのスタートです。

入居者からは、まるで不審者か泥棒を見るような白い目・・・
次の日、管理人さんからはクレームの嵐・・・・

昼間はコツコツと普通の住宅街を手撒きでチラシです。
あまり馴染みのない地域で、自転車に乗ってポスティングすると、 ぐるぐる回っていた結果 自分の自転車がどこに置いたかわからなくなったり・・・

自分自身で、
「俺はこんなことをするために独立起業したのか・・・・?」
本当に情けなくなりました。

しかし資金も底を尽きかけてましたから、 人海戦術しか思い浮かびませんでした。
またお金のかかる 新聞にも折込チラシを入れました。 タウン誌にも広告を載せました。
チラシを入れる前日には、こっそり神社にお参りにも行きました。
(「パンパン(柏手) どうか、バンバン反響電話が鳴りますように!(祈)」)
折込チラシの日には、電話の前で朝からずーーと待機していましたが、チリンともならない電話。
※本当に新聞屋さんは入れてくれたのか?なんて不安にもなりました。

「もう、あかん!ギブアップや!」
正直、会社をたたんで転職も考えました。

そんな時、なにかヒントでもあればとワラをもつかむ思いで、何気なく立ち寄った本屋さん
普段は、雑誌やコミックコーナーにしか立ち寄らない私が
な・・・な・・・・なぜか????
ビジネス書コーナーへ・・・・・・・
そして、マーケティング関連の書籍を何気なく手に取りました。

それは、目から鱗(うろこ)が100枚くらい、あたりに散らばりました。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの神田昌典先生の本やランチェスター理論の竹田陽一先生の本やダン・ケネディやジェイ・エイブラハム等など
もうそれこそ貪るように読みあさりました。

書かれていることは至極【当たり前】のことばかりなのですが、意外とこの【当たり前】がわからなかったんですね。

えっ?例えばですか?
私の解釈ではそうですね、こんな言葉はいかがでしょうか?

恐らく、今のあなたには「? ? ? ?」と思っているでしょうね。
しかし、これらのことがわかってから私のビジネスはなんとか軌道にのりだしました。

それはこんなことがおぼろげながら理解できたことが大きかったのです。

ということが骨身にしみて、わかったからなんです。

しかし、それは簡単なことではありませんでした。
本やセミナーで言われていることは、あくまで「一般論」ばかり・・・ 正直、なかなか腑に落ちなかったんですね。 実は・・・・・

「言いたい事は、よーくわかりました。で、一体 どうしたらええねん?」

それが恥ずかしながら正直な感想ですし、試行錯誤の連続でした。
今までの私のやってきたこと・・・・
それは、ただ「下手な鉄砲 数打ちゃ当たる?」みたいな感じで、ただただお願い営業ばかりしていたんです!

いつも、いつも、会う人全員にこんなお願いばかししていました。

「あなたの不動産を売らせてください!」
「この不動産を買ってください!」
「あなたの不動産の借主を探させてください!」
「あなたたの賃貸マンションの管理させてください!」

ただ、ただひたすら お願いして回って ペコペコ頭を下げていました。
これには心底 疲れました。

でも気づいたことは、
「魚釣りは魚のいるところでしろ!」
「相手の立場で考えろ!行動してみろ!」

などなど、いたって至極当然のことなんですけど、これがわかってからはペコペコ頭を下げるような営業は止めました。

そこから、なんとかビジネスが軌道に乗り始めたんです。

「いままでの苦労はなんやったんや!!?」
それが私の感想でした。

そして、もう開業してから二十年近くにもなります。
なんとか、歯を食いしばってがんばってまいりました。

そうしている内に、こんな私でも頼りにしてくれている大家さんたちが出てきました。

私を頼りにしてくれる大家さんたち

お人好しで不動産屋のカモにされている大家さん

それは、こんなことがあったので
「是非 他の大家さんにも知っておいて欲しいな!」
と思い、無料メール講座という形で公開することにしました。

某月某日 私は以前に賃貸マンションを購入していただいたお客様からご相談を受けました。
(仮にAさんとしておきます。)

その相談内容は、やはり現在の空室問題です。

空室で悩む大家Aさんからのご相談は空室対策

物件が弊社より遠方ということもあり、管理や入居者募集を任せている不動産業者はご自分でお探しになったので私とは無関係の不動産業者です。

ですから、私がつべこべ口出しできるものではありません。

現在の賃貸管理会社とトラブルに発展するのも嫌でしたので「あくまでアドバイザー的な立場で一般論でもいいですか?」と前置きした上で、 こんなお話をさせていただきました。

私とAさんとのなにげない会話
登場人物A

Aさんの会社はメーカーで問屋さんに製品を卸してますよね。
 もし、今の製品が以前より売れなくなってきたらどうします?」

登場人物B

うーーん(困) やっぱり、今までの売り方を再度 検討しますねぇ。
新規にコマーシャルなんかの宣伝も考えたり、 キャンペーンなんかもしますね。
あとは 値段を変えたり、 パッケージやネーミングも変えたり、
あっ「!あとよく売ってくれる問屋さんを新規に開拓したり・・・・?
でも、大変なんですよ!
うちの社長は頭が固いというか?保守的というか?いつも私の提案はなかなか受け入れてくれないんですよぉ!
この前も、
『今の製品をちょっとアレンジして違う形で異なる顧客に売り出してみようよ!親父!いや社長!』
なんて言っても、全く反応がないんです。
このままじゃあウチの会社もジリ貧っす!

登場人物A

社長はお父さんでしょ!息子の意見にも耳を傾けないんですか?
以前に、男性向けのイメージが強い栄養ドリンクで中身はほぼ同じ製品なのに
パッケージやネーミングを可愛く変えて、宣伝も女性向けにしただけで
かなりのヒット商品になった

ことを聞いたことがありますね。

登場人物B

そうなんですよ!(喜)
まさしく、私も親父いや社長にそんな提案をしたんですよ!
でもあの社長は耳も貸さない!
ビジネスが何であるか?全然わかってないんです(怒)
ただ物を作っているだけではダメなんですよ!、これからの時代は・・・・

登場人物A

じゃあ、その中々売れない商品が、今回の賃貸アパートの空室としたら・・・?。

登場人物B

そ、そ、そうですよねぇ・・・・。(困)

登場人物A

不動産投資やアパート大家業も普通の商売(ビジネス)と同じとボクは思うんですね。
だから他の業界と同じように マーケティング と プロモーション も大事ですよ!
そのためには  お客さんのこと、 不動産屋のことを十分に理解しなければいけませんよね。
私も以前は、お願い営業ばかりでしたが、この考え方をするようになってからは、かなり仕事の効率が良くなりましたよ。
まあ、私の場合は
【ペコペコ頭を下げたくない!】
【そもそも営業が好きじゃない!】
【楽をしたい!】

という不純な動機でしたけどね・・・(笑)

この方はサラリーマン大家さんですから、この業界に疎いのはやむおえません。
で、僭越(せんえつ)ながら色々とお話させていただくと 妙に納得されてお帰りになられました。

そして、あの大家Bさんが登場してきた!?(汗)

Aさんから、数日後にご連絡があり、
「来週の土曜日の夜にちょと時間作ってくれない?」とのこと・・・

そこは以前に私も多額の仲介手数料を頂戴したお客様です。

むげにはお断りするのもできませんし、「奢ってもらえる?」なんていう邪な気持ちで待ち合わせの場所に参りました。
※物件を買って頂いた時には、私には行けないようなお店にも連れて行ってもらいました。
 私はこれを北新地(東京のザギン:銀座)における 「夜のクラブ活動」と呼んでいます。

すると、そこでその方は友人のBさんをご紹介していただきました。

Bさんはかなりシャイな方で正直 少しとっつきにくいような感じの方でした。
※まさか、数ヵ月後に私のことを「おい!えもっちゃん!」なんて呼び捨てにされるとは思ってもみませんでしたが・・・・・

Bさんはこの方の古くからの友人で、ご両親から相続した賃貸マンションを複数も所有されていました。

宅地建物取引士の免許も持っている大家Bさん

ご両親の代から賃貸大家業をしていることもあり、サラリーマンでありながらなんとこの不動産業に必須な資格まで取得されていました。

でAさんは・・・・
「この前の話を、彼にもう一回話してあげてくれない?」と言われるのです。

私は、
「えっ?そんなにたいした話じゃなかったのに?」
「既に昔から大家業をされてる人にわざわざする話でもないと思うのになぁ・・・・」

と感じつつ同じ話をこの大家Bさんにもさせていただきました。

すると、大家Bさんへ・・・
「へぇ~」 とか 「ふぅ~ん!」とか神妙な面持ちで聞かれるのです。
そして、少しこの大家Bさんの状況について詳しいお話を伺うと・・・・

不動産屋に騙されていた大家Bさん
※ 「あかん!これは完全に業者に食い物にされてる!」なんて思っちゃいました。

僕として早くこの居酒屋を切り上げて二次会(綺麗なおネエちゃんのいるところ?)に行きたかったのですが
この大家Bさんからの延々質問攻めに遭い、とうとうこの夜は居酒屋だけで終わってしまいました。

大家Bさんは、
「こんなことは宅建の参考書には書いてないですよね・・・」(苦笑)
なんて言われてました。(この時はまだ敬語を使ってくれてましたが・・(笑)

また次の週末に大家Bさんから直接連絡があり、例の居酒屋で待ち合わせをしました。

今回は二人きりでしたので、少し私も緊張してしまったのですが・・・・
(まだ大家Bさんとはそれほど仲良くなったとはまだいえない状況でしたからです)

そして案の定、またもや大家談義に花を咲かすことになったのです。
そして色々な質問攻めにあった私は、酒の勢いもありBさんにとんでもない失礼な発言をしてしまったのです!

それは、
素人大家さんへの失礼な発言

すると、かなりムッとした口調でBさんが・・・
素人大家さんの反論
※ お言葉ですが、その考え方がすでに間違っているのですが・・・・・

素人大家さんに謝罪

私は自分の無礼を心よりお詫びし、今度は私の奢りで2人楽しく二次会に向かいました。(笑)
(もちろん安いですが綺麗?なおネエちゃんのいるお店です。いつも奢ってもらってばかりでは心苦しいですから・・・・・・)

今度は失礼にも大家Bさんは
「これはラウンジやない!化け物屋敷やないか!(笑)」なんて言ってましたが・・・
そんないつも何棟も所有されている大家Bさんが行くような店には零細不動産屋の私には行けません。

それから大家Aさん 大家Bさんとの【大家さん勉強会】(という名のただの飲み会?)
が始まったのです!

それからは時々、大家Aさんや大家Bさん、そしてお二人の大家仲間の方達と例の居酒屋さんでちょくちょくお会いすることが増えてきました。
※ 時々は綺麗な?おねえちゃんのいる所にも連れて行っていただきました。
  しかし、その後の綺麗な?おねえちゃん達から「来て!来て!同伴して!」なんていう営業攻撃には閉口しました。
  超零細企業の私にはそんなとこ 行けましえーーーん!

1ヵ月後・・・
大家Bさんが自分の所有している関係書類一式をお持ちになり弊社にお越しになられました。
そして、
「僕の賃貸マンションをおたくで管理や募集してくれへん?!」
なんていう超うれしいお言葉をいただきました!

しかし、この方の物件も弊社よりかなり遠方で残念ながらご辞退したのです。
※遠方の管理物件を持つということは弊社にとってかなり大変ですし、期待にそえる自信もありません。

大家Bさんは少しがっかりしたようにも見えました。

せっかくのお言葉が嬉しくて、

「ただし、僕も気が引けるので安い居酒屋でのみ、2次会無し!という条件で・・・!」
というわけで、
毎週居酒屋で自分なりの勉強してきたマーケティングやプロモーションという考え方や手法を用いた
【大家さんの考え方】【賃貸不動産屋をうまく操るコツ】 などを酒の肴(さかな)に熱く議論を交わす夜が続きました。

するとどうでしょう?

大家Aさんと大家Bさんがあれほど頭を悩ませていた空室だらけの賃貸マンションが、
ポツリポツリではありますが決まっていき最終的にはお2人の物件は全て満室にまでなったのです。

いくら賃貸業者に訪問営業をかけて部屋付け依頼をしても音沙汰無しの状態から、賃貸不動産業者からの問い合わせや内覧案内が以前に比べ格段に増えたのです。もちろんその後も空室は出ましたが以前ほど空室期間は長くはありません。

空室対策のご相談に来る大家さんの皆様にこのお話をすると
「どんなことを話していたの?」と聞かれて困るのですが、当たり前のことばかりお話しました。

毎週 安い居酒屋で大家Aさんと大家Bさんとお話していた内容は、
  • アパート経営における大家さんのマーケティングとは?
    あなたの物件にぴったりな借りたい人がたくさん来る不動産屋に入居者の紹介はお願いしましょう!
  • アパート経営における大家さんのプロモーションとは?
    その不動産屋があなたの物件を紹介しやすくなるようにしましょうよ!
と言う内容で、その具体的な考え方や手法なんかも説明しました。

賃貸不動産屋の常識は大家さんの非常識

大家Aさん大家Bさんの物件を借りたい人がたくさん来る不動産屋の探し方をお教えしたり・・・・
大家Aさん大家Bさんの物件を不動産屋が紹介しやすいように綺麗な間取り図を描いてあげたり、
ビジュアルな画像を使った物件資料を作成してあげたり、
デジカメで撮影した動画をYouTubeにアップしてあげたり等
少しだけお手伝いしました。
しかも、無料ですよ!た・・・だ・・・
ほんま、ドあつかましいにもほどがあります。(怒)

「いっつも奢ってるやん!(笑)」とは両氏の見解ですが・・・・(笑)
そんな偉そうなことを言われますが、焼き鳥屋で一人1800円程度じゃないですか?!

そうすると、
挙句の果てには、年齢も同じくらいの私に、半分冗談交じりで『先生』とか『師匠』呼ばわりする始末!(困)
これには少し閉口しました。

楽しい大家さんたちの飲み会

「なあ えもっちゃん!もっと普通の大家も勉強せなアカンよなぁ!」by 大家Bさん

それからは、この大家Aさんや大家Bさんとの【大家よもやま話の宴会】にも他の様々な大家さんを参加するようになってきてしまいました。

その中には私のビジネスにも大きく貢献していただいたメガ大家さんのCさんやDさんもいらっしゃいました。

素人大家さんB

「Cさん、なんで賃貸不動産屋はわしら大家に無愛想なんかわかる?」
「Dさん、なんで賃営業マンはわしらの物件の空室を紹介せんかわかる?」

なんてあの大家Bさんが、さもそんなことも知らないの?のごとく
何棟もの賃貸マンションを所有されているメガ大家のCさんやDさんにお説教を始めることもあるのです。
※CさんDさんはその時に参加していた他の大家さんです。
 まあ、Bさんもかなりお酒がまわってましたからねぇ・・・

で、いつもの居酒屋談義の席で大家Bさんが・・・・
素人大家Bさんの名言
(少し前までは「師匠!」とか「先生!」と呼んでいたのに「えもっちゃん!」って・・・)
と自信たっぷりに僕におっしゃられるのです。

私は開いた口が塞がりませんでした。
だってほんの数ヶ月前のあの自信なさげなBさんが、他の大家さんの前でこう断言されたのですから、驚きです。

でも、正直 大家Bさんの成長はすごく嬉しかったです!
だって、ほんの数ヶ月前には大家さんとしての賃貸アパート経営に自信などかけらもない素人大家さん?だったのに
今はもうりっぱなプロの大家さんでありプロのアパート経営者として自信たっぷりですからね。

空室対策コンサルタント

そうか!
だったらこんな僕ら不動産屋にとっては当たり前の事でも
それすら知らない普通の大家さんや不動産投資家さんにも知っていただく!

なんていうのもありかな?

と考えるようになりました。

賃貸不動産業界の常識(普通の大家さんには非常識?)やカラクリを
知っていただくための無料動画セミナーを公開しています。

賃貸不動産業界の常識(普通の大家さんには非常識?)やカラクリを知っていただくための無料動画セミナー


賃貸業者があなたの空室を最優先で案内したくなる仕組みを作る方法
お名前  *
 ニックネーム可
メールアドレス  *
 ※必須

賃貸業者があなたの空室を最優先で案内したくなる仕組みを作る方法へのお客様からの感想
※ ご本名らしき方のお名前は◎◎◎と伏せさせていただきました。

【お名前】: ししまる

【感想・相談・質問はこちらから】:
はじめまして三重で新米サラリーマン大家をしているししまる申します。
現在の保有物件は築20年1LDK×4と築12年3LDK×2です
現在空きは1LDK×1です。
(12月までは満室でした)
比較的 地主系の大家さんは本日の動画セミナーの方がが多いようです。
でも私は賃貸仲介業者のスタッフは出来高で働いてくれるのですごく感謝しています
(自社従業員でしたら契約が取れなくても何十万も給料が支払わなくてはなりませんから)
ですから自分のスタッフ(自社)と勝手に思っています。
ですから「いつも有り難うございます。」と大した金額ではないですが差し入れ等(お菓子)位を1~2か月に一度程度ですが、日頃のご苦労様等の意味も込めて持っていきます。
現在所有している物件も駅から近いわけでもないですし他物件よりもお世辞でも立派な物件でもありませんしそれに特に契約が取れたからと言って特別バックマージンを渡していないですが感謝の言葉は忘れないよう今回の動画セミナーを見てあらためて心がけてけています。
やはり今回の動画セミナーで耳の痛い大家さん、結構多いと思います。
次回の動画セミナーも楽しみにしています。
ところで話は変わりますが大阪のテラス築古ハウス等は200万程で買える物件がありますが私は実際の大阪築古物件は見たことがないのですが築古物件でも新規入居者は見かるのでしょうか
まあ物件にもよるでしょうがやはり難易度が高いですか?
これからも宜しくお願いします。

【お名前】: kita

【感想・相談・質問はこちらから】:
第6回まで視聴させて頂きました。
なぜこんなに質の高い情報を無料で公開されているのか、江本さんの寛大な心に打たれ、思わずメールしております。
私は昨年11月に一棟18戸の大家になりましたが、5戸の空きがありました。
この4カ月やっとの思いで1戸埋めたものの、1戸の追加退去で振り出しに。それどころか、家賃は下げているのでマイナスです。
管理会社はあてにならず、自分で仲介業者に20社程度営業回りもしましたし、部屋も出来る限りリフォームし、家賃も1万も下げました。
それでもこの成果です。もう疲れました。
江本さんが最後の頼みです。
全力で習い、実行しますので、何卒お力添えの程宜しくお願い致します。

【お名前】: 1Rと地方木造一棟

【感想・相談・質問はこちらから】:
ありがとうごあいます!
時間は掛かりましたが、お陰様で我がアパートも満室にする事が出 来ました。
物件は、人口10万地方都市 駅徒歩20分 木造1R 3点UB面積17㎡で 、当初は「誰が住むんだろう?」と思える代物でしたが、捨てる神 あれば拾う神ありで、今となっては「打出の小槌」となってます。
これもIT大家養成塾のご指導の賜物です。
あらためてお礼申し上げます!
満室でする事が無くつまらないので、来年は2棟目を購入します。
挫けそうになったら、またこの動画を見て頑張ります!。

【お名前】: がんばる大家

【感想・相談・質問はこちらから】:
初めまして。
動画セミナーの内容はとても参考になります。
日頃一生懸命頑張っているつもりですが、マーケティングという考え方にハッとさせられています。
その中で親バカ大家みたいなお話をされていましたが、私自身そうなっているように思います。
実際満室で経営させて頂けてて立地もそこそこ良い場所にあるので・・・。
自分のマンションを過大評価しているようにも思います。
過大評価してしまうことで売却時期を逃しているようにも思います。
マーケティングとは違う問題ですが出来ましたら売却を考えるポイントなどがございましたら教えて下さい。
また売却にもマーケティングが必要ですか?
宜しくお願い致します。

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
こんにちは!
本日も勉強させて頂きました。
成程、「入居者属性」と「過去成約仲介会社」は調べましたが、入居者の行動パターンまでは考えていなかったです。
ただ、思うに、つまるところ客付業者が紹介する物件の要素は2つ
しかなく、「決まる物件」「ADの多い物件」に集約されると思います。
決まる物件の要素は何でしょうか?
あ!だから人によって要素が違うからプロファイルが必要なのですね。
3部屋の空室が埋まらなくて悩んでます。
過去2人の入居者は?新卒の女性新入社員と?いくところの無い無職の40台男性です。
?は大家としてアパートが華やかになって嬉しいですが、
引っ越す力が無い人が多いので、入居期間が長くなりそうで美味しい入居者の気がします。
どちらの路線をターゲットにするか悩みます・・・

【お名前】: 井上

【感想・相談・質問はこちらから】:
楽しかったです。
大家、お客さん、賃貸業者、それぞれの実態についてのトークはうなづけるばかりでした。
辛口のアドバイスは言いにくいですが、そこをあえて話していただけるのは本当にありがたいです。

【お名前】: あべちゃん

【感想・相談・質問はこちらから】:
18回のビデオ、非常に参考になりました。
ありがとうございます。
最初から二回見ました。
またみようと思います。

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
早速やりました!
結果は「1.お金⇒やや良い 2.物件⇒やや悪い 3 人⇒普通でした。」
ううむ、前建が無く日当りが良いのが気に入って買ったのですが、項目が無く点数が伸びませんでした(。。)

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
纏めると、「大家自らが客付の手法を理解してそれを実践すべし」って事でしょうか?
成功事例を真似れば良いのですね。
3連休2日目なのに本日も申込無しです。(><)。
早く続きが聞きたいです。

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
2日目見ました!
ここまでは大丈夫です。
・メーカーが小売店にインセンティブを払い、一番売れる棚に商品を置いて貰う。
・消費者が買いたくなる商品を作る。
ごく普通の考え方で、メーカーも不動産も、何でも一緒だと思います。
明日も楽しみです。

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
すごいと思いました。
しっかりと物語を作られ自己紹介・事業紹介をしておられます。
しかも楽しく(^_^)
ここまで来るのはかなりの努力と勉強・経験があったことだと思います。
私はどちらかというとITは苦手、文字や文章も苦手。これではいけないなーと日々反省の連続です。
もっと頑張らねばと思いました。ありがとうございます。

【お名前】: ご本名につき割愛

【感想・相談・質問はこちらから】:
裏事情 非常に参考になり面白いです。

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
書き出して点数入れてみました。弱点が浮き彫りになります。

【お名前】: ご本名につき割愛

【感想・相談・質問はこちらから】:
動画の中で出てくるうはうは大家要請講座をやってみたいですが、どこに有るかわかりません。
今日も素晴らしい内容ありがとうございました

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
毎回楽しみに見させていただいております。
まったくその通りだと思います

【お名前】: リんゆ

【感想・相談・質問はこちらから】:
4月に退去予定1軒で、15軒中2軒空室です。
管理会社から、入居時の修入居者の、繕費費(敷金-礼金0円の為、先に入居者と大家から11万ほど徴収)を、大家から、出して頂けないか?と言われたのですが、全部で5か月分支払う事になります。
何か違う形での提案いただけないでしょうか?

【お名前】: ご本名につき非公開

【感想・相談・質問はこちらから】:
1日目見ました!
続き楽しみです。

【お名前】: アッキー
【感想・相談・質問はこちらから】:

自ら動くスタンス重要だと思いました。


空室対策コンサルタント江本

これ以外にもたくさんのご感想やご相談いただきありがとうございました。
パソコンには素人ながら悪戦苦労して公開した私へのなによりのご褒美となりました。
たとえ何かひとつでも気づきが発見できたのなら、これ以上の幸せはありません。

セミナー受講者のメルマガ会員様だけの特典

おかげさまで好評をいただいております
少人数限定の弊社主催の大家の会であるIT大家の会のご入会募集の案内を告知させていただきます。
運営上、人数限定になっておりますし、募集も不定期ですのでメルマガ会員様だけに募集告知しております。

IT大家の会 運営者江本のプロフィール

近畿大学理工学部卒業。大手住宅販売会社、不動産鑑定事務所、不動産買取転売会社を経て平成7年キーライフジャパン設立。
何度も遭遇した経営危機を持ち前の発想力で克服。
中古住宅仲介業務、新築建売販売業務、不動産買取転売業務、賃貸仲介業務、不動産投資ブームを先取り収益物件仲介業務など
その時々の情勢を見極め、時流に合わせた業務に次々と変化させこの激動を駆け抜ける。

現状維持に甘んじては常に時代遅れ、1歩先ではなく半歩先を行くことが大事とカメレオン経営を実施している。

現在は、自社で仲介した多くの収益マンション・アパートの購入者を対象に空室対策のアドバイス業務にも力を入れている。

今の時期は無理に資産拡大を目指すのではなく、
『来るべき時期までの力を蓄える期間である!』
と安易な投資用不動産購入に警鐘を鳴らしている。

■ 資格
宅地建物取引主任士
公認 不動産コンサルティングマスター
測量士(補)
管理業務主任者
■ 宅地建物取引業免許
大阪府知事(5)第43860号
キーライフジャパン

それではこの無料動画セミナーでみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。


賃貸業者があなたの空室を最優先で案内したくなる仕組みを作る方法
お名前  *
 ニックネーム可
メールアドレス  *
 ※必須